愛着のあるマイホームを「快適」「健康」「頑丈」「使いやすい」住まいへ 住まいるアップ住まいるアップ

バリアフリー

安全で健康的な住環境へ

家の中に小さな段差が気になったり、つまづいたりしたことはありませんか?
また身体の動作を必要とする玄関やトイレ、扉の近くなどに手すりが欲しいと
思ったことはありませんか?

統計によりますと高齢者の転倒事故は外よりも家の中で起こる確率のほうが高いのです。

小河原では介護保険がスタートした2000年から
バリアフリーに積極的に取り組み、段差の解消や手すりの設置、リフトの
取り付けといった工事を累計千件以上行い数多くの実績を積んで参りました。

また築20年以上経過すると断熱性能が現在の基準と比較してもとても低い
基準であり、細かく部屋割りされている設計が多いことから廊下や玄関、トイレや
浴室など暖房で暖まっている部屋とそうでない部屋との著しい温度差によるヒートショック現象が起こり
心筋梗塞や脳卒中などの原因になったりすることもあります。

こういったことを予防するためにも段差を無くし、断熱の間取り改修をすることで温度差の少ない快適で安全な住まいができるのです。
 

小河原建設は長年培ったバリーフリー改修工事の確かな技術で安心安全な暮らしをご提案いたします。

介護保険制度を利用した改修工事もご相談ください。

弊社のコーディネーターが介護保険の住宅改修費助成金制度の申請に伴う改修工事の理由書をつくることもできます。

 

ちょっとした入口の段差

急勾配の階段

段差や寒暖の差がでる浴室

どんなバリアフリーができるのか

手すりを設置したり、高さを低くしたり、浴室暖房など快適で安全な住まいをつくることができます。

玄関の手すりをつけて昇降の軽減

トイレの中にも手すりを設置して、立ち上がりや座るときの補助になります

駐車場から部屋までスロープで直接進めます

手すりを設置した階段

 

お問い合わせはこちらまで