愛着のあるマイホームを「快適」「健康」「頑丈」「使いやすい」住まいへ 住まいるアップ住まいるアップ

施工事例&お客様の声

「家が暖かいんです」前と全然ちがいます。三鷹市S様インタビュー

■三鷹市S様(ご夫婦)
築34年の建て売り住宅にお住まいの佐藤様は、お子様たちの独立に伴い、水回りを直したいとお考えだったそうです。
加えて、三鷹市に依頼した耐震診断をきっかけに大規模改修を決心されました。

 

ご主人 耐震診断の結果が。0.16※だったかな?これはもうやらなきゃという感じでした。
命の危険を感じました(笑)。
あと、隙間・風だらけだったので、耐震工事で壁を開けるなら断熱工事も一緒にやりましようと。

北林 酷暑の中での工事でしたが。

奥様 断熱材を入れたあと屋根裏に入れてもらいましたが、ひんやりとしていました。
2階に上がった時の感じも、これまでとはずいぶん違いました。
それと冬になっても暖かいです。
2階に床暖房はないですけど、座っていても(パイン材のフローリングなので)ほわっと暖かいですね。

ご主人 今回住みながらの工事ということもあり、
あとでは隠れて見えなくなってしまうようなところも全部見せてもらったので、
職人さんはずいぶんやりにくかったのではと思いましたが、
やってもらっていることの中身が納得できてほんとありがたかったですね。

あの時期(7月~9月)に工事していたから、ほぼきれいな状態でお正月を迎えられました。

工事担当の北林より

単なる水回りの改修だけではなく、
耐震工事を行い安全・安心な住宅として生まれ変わったS様邸。

また、断熱改修もおこない、工事開始直後からその効果を体感されたとおっしやいます。
住み慣れた我が家がさらにパワーアップして、S様ご夫妻もますます笑顔が増えました。

※耐震診断の結果が、0.16
耐震改修促進法等で使われる耐震指標の数値。家の構造にもよりますが、
安全な住宅の基準として1.0以上で必要な耐震強度に対し、充分な強度を持っていると言えます。
詳しい計算法など、ご興味のある方は北林までお気軽に

「安心しました。」 渋谷区S様インタビュー

○今回の工事を決められた発端は?

奥様 私の居室部分の建物が一番古くて築60年経つので、
いつ地震で倒壊してもおかしくないのではないか?
といった不安がありました。

2階の息子達の部屋は20年前と10年前に工事をしていて、残るのは私の部屋だけということ、
それと老後を考えると今の健康状態なら
(工事をしても)体力的にもがんばれると思い決心しました。

○仮住まいがすぐ側でしたので工事の進捗状況をご覧になって、耐震補強はいかがでしたか?

奥様 土だったところもコンクリートになり、
古い基礎と新い基礎がしっかりと一体になっているので安心しました。

○工事が終って仮住まいから戻られての感想はいかがですか?

奥様
 部屋に陽がたくさん入り、

前よりすごく明るくなって昼間は電灯を点けなくても大丈夫な位です。
また、前はすごく寒く感じましたが、今はとても温かく過ごしています。

○全体の感想はいかがですか?

奥様 快適に住めて、工事をして本当に良かったと思います。