月について

こんにちは、住宅事業部の滝澤です。

月は、最も身近な地球外天体で人類が訪れ地質調査を行った唯一の天体

で、月は、地球に比べてサイズが小さいために、火成活動は、比較的若い

時期に終息してしまったことから、形成初期の情報を多く保存している。

地球には、大気や水があることで、表面に露出して物質は風、雨などの

自然現象によって岩石が浸食されるなどして古い物質は表面に残っていない。

月は、大気も水もない火山活動も終息していることから、現在も古い物質が

残されている。

月の生い立ちを知ることで、地球のことをもっと良く知ることができるそうです。

月表面の砂…..ヘリウム3…..核融合発電の燃料

シリコン…..太陽電池の製造に必要

月の水…..ロケットの燃料…..水素、酸素を含む

この資源で、月と地球を結ぶ架け橋となります。

世界に誇る探査技術と実績を持つ日本にがんばってもらいたいものです。