インドネシア地震

こんにちは、住宅事業部の滝澤です。

インドネシア中部のスラウェシ島で9/28に発生した地震では、M7.5で

約3時間前には、M6.1の地震が発生していた。

阪神大震災と熊本地震と同様、活断層を境に、地殻が水平にずれ動くタイプ

だそうです。地殻が動いた方向に断層が水平に5Mほどずれたとみられる

そうです。津波や地盤の液状化などが複合して2000人以上が亡くなった。

巨大地震は、忘れたころに起こることを、改めて教訓しておきたいものです。

facebookでも公開中⇒