リバース

こんばんは
総務部の大内です。

あまりTVを見ない私でしたが、最近「逃げ恥」「カルテット」と立て続けにドラマを見るようになりました。
この春のドラマで注目しているのは、TBSで金曜日22時から放映中の「リバース」です。
原作者の湊かなえのファンで原作本を読んでいたのですが、この度ドラマ化を機会に文庫化された原作を再度読み返しました。
ブログ写真①

ドラマでは原作に無い登場人物や設定がされており、改めてドラマを見返すと細かな伏線が張られており、原作を読んでも、いや原作を知っているからこそ楽しめている自分がいます(楽しみにしている方もいらっしゃるでしょうから、ここでは何も言いません。)。
ちなみに原作では「イヤミスの女王」の名の通り、読後にスッキリしない結末になっています。
今後のドラマの行方も張られた伏線がどの様に回収されていくのか気になりますが、期待して週末を待ちます。
オススメです。