日曜の朝に

護国寺本堂全景

おはようございます。設計担当の高橋です。
今週も日曜日がやってまいりました。(ベタな入りで・・)

今朝は天気が良いのでは、と思っていましたがだんだん雲が厚くなってきました。
早めに天気、悪くなるのでしょうか。

まだ不安定な天気が続いていますが、ハナミズキも見ごろを迎えふじやつつじが咲き始めてきました花が咲き誇る時期になってきました身近にきれいな景色が見れるよい季節です。

先週ブログで触れました建物の話していきましょう。

東京で大きな本堂しかも重要文化財となると、文京区の護国寺本堂となります。

東京は戦災がありそれをくぐり抜けてきた唯一の大規模本堂となります。
江戸時代前期のまだ桃山時代の豪快さを持ち合わせたとてもよい本堂。
軒が深く木組みも豪華、細かいところも見どころいっぱいのお堂です。
私は正面から見るよりは斜めから正面と妻面が両方見れるアングルがお薦めと思います。(写真のような感じ)

京都に行かなくても味わえる場所、東京にもあります。
花を見がてらいかかでしょうか。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。
よい日曜日をお過ごしください。

護国寺本堂軒下近景