100年に一度のチャンス?

お湿りの連休明けです。

今日から平常に戻りますが住宅市場の今は一体どういう状況なんでしょうか?

連休中の住宅展示場の客足はまずまずであったとのこと。
ネット上のお客様向け住宅サイトでは資料請求や引き合いはかなり多かったらしいですネ。

某新聞によると4月のマンションの販売率は76%と好不調の目安の70%を上まった。

確実にユーザーさんは動き始めているようです。

土地もほぼ底値状態、建築費も建材等の値は落ち着き弱含みです。

景気対策で魅力的な減税や優遇措置がいくつも打ち出されています。
(財源は国債でも何でも出せるところから出す、とにかく景気対策だ。後は野となれ山となれ・・・ある政府高官の言葉から)

金利も安いと来るとこれは住宅取得あるいは建築のチャンスではないでしょうか。

100年に一度の危機は100年に一度のチャンスかも。

ピンチはチャンスとは良く言ったものです。