新型コロナウイルスの影響[4]

5月25日に 緊急事態宣言が解除され、日本の社会・経済も段階的に日常生活を取り戻しつつありますが、コロナウイルスが消え去った訳ではありません。

この先、依然としてこの国を覆っているコロナ雲が、霧散して青空が広がってくれるのか、或いはまた厚い雲に覆われていくのか、まだまだ見透しすることは出来ません。

今回のコロナ禍の世界的流行により、社会・経済は甚大な打撃を受けました。

その影響は大きく、コロナ禍が終息しても、社会は以前のようには戻らないだろうと言われています。

何が、どの様に変わるのでしょうか。

 

二つの大きな変化が予想されています。

一つは、感染の恐怖や政府による外出自粛要請による「社会のデジタル化の進展」です。

三密を避ける為に例えば、個人の行動では買い物→Eコマース・ネット販売、仕事→テレワーク、医療→オンライン受診、企業ではリモートワークの推進、AI・ロボット・ドローン等の活用が各所で進められています。

二つ目は「生活や価値観の変化」です。

今回のコロナ禍の規模と広がりを踏まえると、過去の同じような災禍、例えば昭和の敗戦、バブル崩壊、東日本大震災の後がそうであったように、人々の価値観や生活に大きな変化が生じる可能性が高いと思われます。

具体例を上げると、緊急避難的に行ったオンライン会議やテレワークが、「使える」ことが分かり、多くの企業に普及しています。

このことは、「仕事は会社でするもの」というこれまでの価値観から「仕事は在宅や家の近くのサテライトオフィスなどでする」という価値観への転換であり、人々の生活を都心から郊外へと促していくものとなるでしょう。

それは消費や労働のイエナカ化の進行であり「住まい」の価値を高め、オフィスは机をならべて業務する場所から、社員を結び付けコミュニティや企業風土の形成を促す場として再定義されます。

そろそろ紙面が尽きて参りました。

最後にこれまで本欄でもご案内してきました弊社の緊急事態宣言下での「お客様への対処方針」も宣言解除と共に廃止し、現在は通常営業に戻しております。

お客様に安心してご来店戴けますよう、三密を避け、マスクの着用、手指の消毒等の感染予防策は引き続き続けております。

緊急事態宣言期間中は皆様にご迷惑をおかけしたことをここで紙面をお借りしてお詫び申し上げます。

メガ

皆様こんにちは。

特建事業部のタケダです。

雨が多く、蒸し暑い日が続きます。

そのせいか体が重たく感じます。
熱中症にならないよう気を付けたいところです。

さて、以前から感じてはいましたが、わたくし視力が低下しております。

パソコン・スマホを触る時間が長いからでしょうか。

前からブルーライトカットのメガネはするようにしているのですが。
現在、視力低下が優勢で生活が進んでおります。

がんばれ目。

時折遠くを見るようにします。

 

ブルーライトカットシャッター付メガネです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それではよい一日を。

やまとなでしこ

こんにちは。住宅事業部の松永です。

突然ですが、みなさん、お好きなドラマはありますでしょうか。
私は、昔見たドラマで何度も繰り返し見ているものが一つだけあります。

それは2000年に月9で放送された「やまとなでしこ」というドラマです。
愛よりもお金を信じるスチュワーデス(松嶋菜々子さん)と彼女を一途に愛する借金をかかえたお魚屋さん(堤真一さん)のお話です。
このドラマを見ていると愛とは何なのか、考えさせられます。

私はフジテレビの回し者ではありませんが、7月6日、13日の午後9時からこのドラマが放送されるそうなので、よろしければご覧になって下さい。

日曜の朝に

おはようございます。設計担当の高橋です。いつもの「おはよう」ではないおはようございます。の日曜日、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

もうビールを飲んで気分が良くなりつつの方も・・・それでよいのです、それが休日もしくは仕事の後の楽しみですから・・・早く帰ろっと、おっと!

ちとは早かったですね

今日は打合せ・モデルハウスの案内とありまして、最近毎度のように、仕事帰りの前の「日曜の朝に」となっているわけで・・・

最近はモデルハウスをご案内する機会が増えてまいりました、一組様ごとのご案内になりますので、早めのご予約をお願いします。

今日も当日ご案内の連絡をいただいたのですが、既にご案内の予約がありましたので・・・お早目のご連絡、良いかと存じます。

と今日は営業的な話になりましたがご容赦を・・・

最後にモデルハウスの空を映した写真で(ブログ2回目の登場・・・良い写真がなくごめんなさい)

モデルハウスと空の雲

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。残り、良い日曜日をお過ごしください。

くぅちゃんブログより

くぅちゃんブログ第64話より、、、

皆様、今朝の川沿いは本当に爽やかで、ボクはパパさんとたくさん、たくさんお散歩して来ました (*’▽’*)❣️

ところで、最近、ボクとママさんが心を痛めている事があります!
それは、子供達に起きているだろう事です。

例えば、、ボクの家の隣には、住宅街には立つはずのない六階だてのマンションが数年前に立ちました。勿論、ご近所さんへの挨拶など有りませんでした。

そのマンションから、夕方になると、小学校低学年位の女の子の泣き声が30分以上聞こえてくるの!最近では、収まるどころか泣き声というよりは、叫び声に変化…

実はボクの住むエリアは、二代、三代と大事に地域社会を守りながら、地域で子供を育てている感のあるおそらくある種奇跡的な住宅街なの❣️

回覧板もいまだ、健在で、夏には歩いて1分のお寺で、ラジオ📻体操も行われています!!

昨日も、ママさんは、上は7才、下は1才の3人の子育てを頑張っているご近所のママさんに、昨年庭で採れた梅で作った 梅シロップを届けたところでした!

また、、夕方5時過ぎの散歩で、気になるのが、、学童保育から、お母さんと帰宅する小学1年の男の子…おそらく、幼稚園は、13時半位に帰宅(バスか🚌、歩きかで、時間差あり^ ^) かと記憶してます。

でも、4月に入学式ができなかった事もあり、6月から、1年生がいきなり、夕方5時過ぎの帰宅は、いささか負荷がかかり過ぎているのではと、ママさんは、心配してました。
勿論、個人差があるから、学童大好き😘な子もいるでしょう!

そうしたら、、学童帰りのその男の子が数日前に泣きながら、「ボクはお母さんに迎えに来て欲しい!」と すると、母親は、
「もう小学生なのだから、一人で帰れるようになるわよ!すぐに、慣れるから…」と

う〜ん、、仕事に戻りたいお母さんの気持ちも、環境が変わって不安な男の子の気持ちも
両方わかるから、切ないなあ、とママさん

ただね、、人生には、辛くても、苦しくても大事な優先順位というのがある気がします。
換えの効かないものと言ったら、よいかしら…

三蜜も、医療崩壊も、経済が立ち行かなくなる事も、避けなければなりません。

でもね、、子供の育ちに寄り添う事は、本当に、本当に大事な事じゃないかなぁと
ママさんさんは、感じているみたいです。

さてさて、
今日のボクの写真は、見返り美人ではなく 見返りくぅ でございます。

みな様、くぅちゃんブログはAmebaブログに掲載中です。くぅちゃんブログをよろしくお願いします。。(^o^)/     リホームの小島でした。。

コロナで板前

皆様、こんにちはー。特建事業部の高橋です。コロナの影響で自粛生活を余儀なくされた事で、最近の休みの日は、家で「板前」させて貰ってます。なんて云うほど腕はございませんが、趣味の釣りに行って、本来はその後、「家で魚を捌くのが好き」という事で、釣りに行けないので、魚屋に行き、魚を買い付け、家で捌いて家族に無理に食べさせて、「どーだ美味いだろう。」って、一人ご満悦って感じでやっております。非日常を味わえれば、ストレス飛んで、リフレッシュ出来ます。これって結構安上がりですよねー・・・。早く釣りに行きたいでーす。

自宅キッチン

皆様こんにちは。

特建事業部の小川です

外出自粛もようやく規制がなくなりすこし心に
落ち着きが出来てきたこの頃です。

住まいる中野区本町101に入居して1年以上
が過ぎました。公私共に色々あって身の回りが
かたずかず、少しずつ小さな生活物資から買い足して
いる次第です。

今度写真の小さなキツチンの左上の小さな吊棚の隣に
もう1つ小さな棚みたいな収納をつけたいと
思っています。

伸縮するツッパリ棒みたいので何か作ろうと思いますが
他に良い方法があれば教えてください。

自宅で一杯おごります。よろしくお願いいたします。

自転車

先月から新型コロナウイルスの為、雨の日以外は自転車通勤を心掛けております。

自転車は環境にやさしく、身近で便利な交通手段ですが利用者のマナーによっては、とても危険で迷惑な存在になりかねません。

事故が起きれば大きな怪我につながります。

通勤中に感じることはマナーの悪さです。

・歩道を猛スピードで走る。

・スマートフォンを片手に走る。

・傘をさして走る。

・タバコを吸いながら走る。

・無灯火

・車道を逆走する。

・信号無視

あげればきりがありません。

共通して言えることは全て自分勝手な行動。

自分の事だけでなく他の人の事を考えて優しい気持ちで                                               自転車に乗ってほしいですね。

時間にゆとりを持って安全運転を心掛けたいものです。

加えて、都では自転車保険の加入も義務付けられている事をお忘れなく!

車道はスーパーの駐輪場にて(お行儀よし)

柴原

 

ぎっくり腰

設計の佐藤です。
身内ネタですみません。一昨日、夫がぎっくり腰になりました。それまで普通に歩いていたのですが、テレワーク中使用していたpcを仕事場に返却するため大きなimacを持ち上げた瞬間、痛みが走り、それから全然動けなくなってしまいました。とりあえず寝床に行けたのですが、そこから寝返りもうてず、起き上がれなくなってしまいました。トイレも行けそうもないということで、一応大人のおむつを買ってみたのですが、本人さすがに抵抗があったのと、それ以前に体が動かせられないので着替えられなくて飲まず食わずでいて、夕方頃1時間くらいかかってやっと起き上がって這ってトイレに行ってました。翌日にはやっとなんとか起き上がれるようになりましたが、体が動かないとなると、今までの部屋の作りとか、すごく気になってきました。動けないというのはこんなにも大変なのかとか、うちはマンションなので同じ階にトイレもお風呂もあるのですが、これが違うフロアにあったらどうだったのだろうかとか、寝室がベッドでなかったので、起き上がるのに凄く苦労していたとか、他人事ながら健康な時には見えないものがものすごく身近に感じられました。今日病院でコルセットしてもらって少しは楽に歩けるようなったようですが、まだ歩く姿は野村萬斎、、。

季節の変わり目はぎっくり腰にはなりやすいらしいので、皆様もお気を付けください。m(_ _)m

日曜の朝に

おはようございます。設計担当の高橋です。いや~今週も夕方の登場となりました。本日も午前午後と打合せがありまして・・・いま落ち着いたところです。

本当は今日、午後の打合せが終わった後、会社の屋上で日食を見ようかと思っていたのですが・・・東京周辺関東南部だけ曇り空・・・残念です・・・

ということで今日はちょっと遠い未来の話・・・今から15年後、西暦2035年9月2日になんと日本でしかも本州でしかも北関東で皆既日食が見ることができる機会がやって来るのです!!

皆既日食て何?という方、太陽が全部すっぽりと月に隠れるやつです・・・その時見える太陽のまわりに現れるコロナ、今話題のコロナと同じ冠を意味するあれです。それが北関東で見ることできるのです。

こちら国立天文台から情報の地図です。

2035年9月2日皆既日食が見ることができる場所、この赤い帯の中となります。

東京から少し北に行けば見ることができる・・・あとは天気だけ・・・

飛行機で見れば雲の上に行けるので確実なのですが・・・出来れば地上で見たい、周りの自然界がどうなるかもすごく気になります。

いきなり数分だけ暗くなるのですから・・・

この地球に生命を授かった身としては死ぬまで一度は見てみたい自然現象:皆既日食。

何でこの前は金環日食だったのか・・・嘆きました何で月が小さいの・・・

ただし、まだ先なのですが・・・たぶん生きているかと・・・皆既と金環両方見れれば最高ですね。その日が近くなるとかなり盛り上がることになるので忘れて見のがすことはないかと思いますが・・・

ということで今日はこの辺で失礼いたします。残り少ない良い日曜日の夜をお過ごしください。