日曜の朝に

おはようございます。設計担当 高橋です。
今朝は曇天の寒々とした日曜の朝です。
もう少し暖かくなる予報では?

話は変わりまして、昨日は弊社にて開催した感謝DAY、皆様お越しいただきありがとうございます。
また半年後宜しくお願い致します。
あまりここで昨日のことを報告するのは控えます。この後の他の方のブログのネタになるので私は控えさせていただきます。

またまた話は変わりまして、建築の話を少しばかり。

東京都の重要文化財建造物は平成26年2月1日現在74件あります。いがいと多いと思いませんか。全国でも上位のランクなのです。ただし江戸時代の建物、明治以降の近代建物が主な構成で、江戸時代以前の建物は4箇所と少なくなります。
その中で23区内の建物は1棟だけ後は郊外に位置しています。

重要文化財の中で特に優れたもの・歴史的価値が特に高いもの、それが国宝となります。
東京都にはその国宝建造物が2棟あります。それが東村山にある正福寺地蔵堂と皆様ご存じの迎賓館赤坂離宮(旧東宮御所)になります。

これらの東京都にある建物の見どころを建築に関わる者の目線で伝えしていきます。なんて大層なことを、気軽にいきます、だだの趣味の世界ですから・・・・

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

積雪30cmは要注意

またまた東京が雪景色に染まりました。

30cm近い積雪が一週間ほどの間に2回もあるとは50年以上東京に住んでいますが初めての経験です。

2/14に降り出した雪は午後から夜にかけて見る見る積り上がり都心で30cm近く郊外では60?を記録したところもあったとか。

雪は夜半から明け方にかけては強い風を伴った雨に変わり積雪量は増えませんが雨で水浸しになった雪が道路の排水口を塞ぎ車が通る幹線道路は流氷が流れる河のような有様でした。

まさにブラックスワン(ありえないこと)を見たような思いです。

今回は前回以上に各地で家や倉庫の屋根が壊れたそうですがさもあらん。

建物などの強度計算に用いる雪の重みは東京地方では30cmを最大積雪量とし60kg/?の重みで計算をしていますが今回は積雪に雨の水が加わり60kg/?を超える重みが加わったと推定されます。

積雪が30cmを超えたら危険信号ですので皆さんどうぞお気をつけください。

日曜の朝に

おはようございます。設計担当の高橋です。

今週はこのブログも記事が多いようで、今回は休んでもいいかな〜など思ってしまいますが、今週もやります。

2週連続の雪の週末となり昨日は弊社の内覧会現場見学会も中止となってしまいました。
今日は開催しますので、宜しくお願い致します。

今朝は案件のプランニングに頭を悩ませている最中です。その合間でこのブログを書いているところなので、余裕がない今の状況です。
生みの苦しみと言いますか、なかなか悩ましいことなのです。自分としてはこの苦しみがないと良いプランにならないようなので・・・

今日はそのような状況なので・・・
また悩みの世界に行ってきます。失礼いたします。

eco

究極の鉛筆使い!

こんにちわ(^_-)
住宅事業部の何でも屋 池田です。

今日は『eco』をテーマで行きます。

みなさん、ecoって聞きなれた言葉ですよね。
省エネや環境問題、そしてお財布にやさしいとか
一昔前の大量消費時代からバブル崩壊からの景気の低迷や
世界の情勢でもあり、今は当たり前になったeco。

この言葉、実は和製英語だったのです。
エコロジー(環境問題等)
エコノミー(経済、安い)
この言葉が合体したのが『eco』だったのです!!
( ..)φメモメモ

・・・なんて、みなさんご存知ですよね。
私が最近知ったものですから・・・。

住宅業界でもいまやeco住宅に向けまっしぐらです。
2020年には新築住宅をゼロエネルギーハウス
(スマートハウス進化版)にしなければならないようです。
省エネ・創エネ・蓄エネ・・いまのトレンドです。

当社でもスマートハウス仕様の商品も取り扱っています!

宣伝はここまでとしまして、やはりecoの基本は物を
大事に扱うこと。昔はみんなやってました。
当社にecoの帝王がいました。
みなさんもぜひ真似してみてください。
地球環境、CO2削減なんやこれ、この人には適いません。

大雪での心配

 東京が20年ぶりと言う記録的な大雪に見舞われました。

50数年東京で暮らしていますが記憶に残っている限りでも一、二位の積雪量で今回は27cmとか。

住宅を造っている立場から大雨のときは雨漏れや何やが心配ですが大雪の時もとても心配になります。

建物の構造計算をするときにはモノの重力や地震力、風の力などを検討しますが雪が降り積もった重みも考慮しなければいけないんですね。

今回の積雪量の27cmは構造計算に定められた30cmのほぼ上限一杯でした。

1cmの積雪量は2kg/m2の重みとなります。

よって27cmでは54kg/m2の重みが屋根面積にかかる訳です。

幸いなことに家が雪の重みで潰れたと言う話は聞きませんでしたが自然は時として我々を想定外の状況に陥れます。

大雪に見舞われ家づくりの責任を再確認しました。

日曜の朝に

おはようございます。設計担当の高橋です。

今朝は一面の銀世界、空は雲の切れ間から青空がのぞいてきました東の空には朝日が輝き白い世界をよりまぶしくしています。
昨日はよく降りました。
自分としては今日が日曜日で良かったかと、平日であれば通勤の混乱が普通ではなかったはずです。今日も出勤の方は大変かと思います。足元ご注意ください。

まずはお知らせです。

今週の土曜・日曜2月15日(土)16日(日)に弊社設計施工の住まいの完成内覧会と構造見学会の同時開催を行います。
完成内覧会は杉並区和泉にて、構造見学会は中野区本町にて行います。
完成内覧会は「きれいな空気の家」自然素材の内装を体感できます。
構造見学会は建物の骨組み・構造金物など普通では見られない完成した時には隠れてしまう所が見ることができます。
どちらの見学とも説明は設計・施工をした弊社社員が説明いたします。営業マンでない技術者が説明いたします。是非お越しください。

きょうは広報のブログになりました。
建築の話はまた次にいたします。

失礼いたします。

白い梅の花


 私の通勤途中の家の庭先にある梅の木が白い花を咲かせています。

小ぶりの梅の木ですが「しだれ桜」のような枝振りで毎年この時期に私の目を楽しませてくれています。
隣にも同じような梅の木がありこちらは赤い花を咲かせてくれますが不思議と白が先で赤は白に続くように咲き始めます。

白梅が先で紅梅は後なんでしょうか。

桜も良いですが梅も素晴らしい。

梅の木が似合う家ってとってもステキです。

中野区周辺に梅の木が似合う「いやしろの住まい」「都心で暮らす本物のを木の家」づくりを行って行きます。

日曜の朝に

おはようございます。設計担当の高橋です。

今年もひと月が終わり2月となりました。
先週後半は寒さが和らぎなんとなく春っぽさを感じる気がしました。今朝は一面曇天暗い朝、雨が降りそうな天気です。

先週に引き続き自分の趣味「建築」の話です。
建築は色々な分野のつながりを持っています。

今回から歴史の話をしていこうかと・・・
皆さんも京都・奈良に行くと社寺仏閣を訪れるますが、そこに国宝や重要文化財の古建築にも見たり中に入ったりしているはずです。
古建築は結構身近なものです。
しかも、京都奈良まで行かなくても意外とよい建物が東京周辺にもあるのです。これからお奨めの古建築を紹介していこうかと思います。

それでは本題は次週で、失礼いたします。
(今日は少々荒っぽくなりすみません。)