ベトナム旅行記


先月末、社員一同、ベトナムに行ってまいりました〜!

今、東南アジアで経済発展めざましいホーチミンの街は活気が溢れていました。
かって支配されていたヨーロッパの国の影響を受け、アジアでありながら洋式な建物が多く建築ラッシュでした。

交通手段はバイクがほとんどで、道路という道路はバイクで溢れていました。信号も少ないので、歩行者は冷や冷やで道を渡らなくてはなりません。ホテルのまん前がサイゴン川で川べりに行ってみようと思いましたが、道路はバイクの洪水で行くのをあきらめました。

市場や市内のお店はアオザイという女性の民族服や雑貨、パッションフルーツなどが所狭しと並べられ、お客ににぎやかに声をかけていました。そんな様子はかっての日本の趣と同じようです。
生春巻きやフォー(お米で作った麺)も美味しかったです。

楽しく有意義な旅行をありがとうございました。

総務 takky