リフォームが熱い

 とあるリフォーム工事のビジネスセミナーに行ったところ思いもよらず多くの参加者が来ていました。

うちもこれから待ちの営業(?)ではなく攻めの営業をし、リフォーム工事を年間ウン万円取っていこうと動き始めた矢先のセミナーの案内だったので
「よし、早速行ってみよう。」
と行ったわけですが、これほど他社も来ているとは以外でした。

やはり皆考えることは同じで新築の減少を見越してリフォームを新築に替わる事業にしようということなんでしょう。

リフォームの売上が新築のそれを上回るのもそれほど先のことではないかもしれません。

ただ、セミナーのなかで講師が言われていましたがリフォーム工事にも理念や使命感が大切だと。

同感です。
新築が少なくなるからだからリフォームをやろうではダメ。
そこに熱い思いが必要です。

リフォームがこれから熱くなりそうです。

世界遺産 白川郷

白川村への結界としての鳥居

 念願であった白川郷の民家集落を見てきました。

「琢磨会」という協力業者の
皆さんとの年に一度の
親睦旅行で行ったものですが、
毎年どこに行こうか意見が
紛糾するんですが今年は
スンナリ決まった。

「世界遺産、白川郷」

一泊二日のバス旅行でした
ので、かの地での観光時間は
1時間ちょっと。

何とも言えない雰囲気です

見事な茅葺屋根を乗せた
形の良い民家が程よい距離を
保ち建て並んでいる様は
「お見事」
の一言。

「アーッ、こんなところに
住んでみたいなァー、
でも冬は寒そうだ。」

「ここに住んでいる人は皆
温かいひとなんだろうナァー」

「白川村ではイヤな事件も
おこらないんだろうナー」
などとつらつらと徒然なるままに
思いが浮かんで参りました。

やはり、日本人の住む日本の住まいはこうあるべき、と日頃の思いを再認識しました。

新しい年度が始まりました。

 10月決算の弊社は今日が新しい年度のはじまりです。

前回のブログでご紹介したように、先の10月30日に新年度の方針や目標を社員に伝え、その後、打上げの飲み会を行い大いに盛り上がり1年の幕を閉じました。

「始まりよければ終わりよし」

終わり良ければまた始まりも良し

良いスタートを切り一年後を楽しく向かえたいと思います。

皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。