新年のご挨拶

あらためまして、新年おめでとうございます。

昨年同様に今年も東京は三ヶ日とも爽やかな冬晴れで、「私ものんびりとお正月を過ごすことが出来ました。」と言いたいところですが、5日の日曜日にアクシデントを起こしてしまいました。車椅子を自走して横断歩道を渡る際に、段差を上り切れずにずり下がり、後転してしまいました。

通行人の方々が助けてくれましたが、頭を打っていたので救急車で病院に運ばれ、そのまま入院。                                 検査の結果問題はなく、翌日の6日には退院できましたが、病院からの出社となった今年の仕事始めでした。

大したことはなく良かったです。(感謝)

さて、オリンピックイアーでもある今年の経済を占う株式市場の大発会は、米国とイランの武力紛争勃発を嫌気して、昨年同様大幅な安値で始まり、正月気分に冷や水をかけられたようなスタートになりました。日本ならずに世界に緊張が走った波乱含みの2020年の幕開けに際し、今年の国内外の注目すべき行事を挙げると

2月 2/23改元後初の天皇誕生日

3月 高輪ゲートウェイ駅暫定開業

4月 改正民法施行

6月 キャッシュレスポイント還元事業終了7月 東京都知事選挙

東京オリンピック

8月 東京パラリンピック

10月アラブ首長国連邦で万国博覧会

11月アメリカ大統領選

などが挙げられますが、今年は何といっても注目されるのは、夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催でしょう。

私が興味を持っているのは、日本選手の金メダルの数より、閉会後に残される有形・無形の遺産(レガシー)です。

国立競技場や晴海フラッグに代表されるオリンピック関連施設は有用な遺産となっていくのか、大会期間中に推奨されるテレワークは定着していくのか、都市に於けるバリアフリーに対する理解は進むのか、等などです。

前回の東京大会の際には新幹線や首都高が整備され、その後、日本は経済大国となっていきました。                                当時と今回の大きな違いは、高度成長期であった社会が少子高齢化により低成長・衰退期に入っているということです。

経済的な豊かさを得たこの国が次に目指すのは健康寿命大国、福祉大国、ユニバーサルデザイン大国ではないでしょうか。

今回の大会がその契機となることを祈っています。

また、弊社にとっても今年は設立50年を経て、100年に向け一歩を踏み出す年です。わが国の大きな課題である少子高齢化の流れはこの先数十年は続くと云われています。

大きな変革期の中にいることを自覚して、日本社会がどのように変わっていくのか注視し、会社の舵取りをしていく所存です。

今年も皆様のお役に立てるように、またお楽しみ頂けるようにスマイルニュースに取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

子(ね)年ってどんな年

今年も残りわずかとなりました。

間もなく年の瀬を迎えますが、皆様お元気でお過ごしのことと拝察いたします。

昨年末の本欄では、今年の干支の己亥(つちのとい)年について「今現在の状況を維持し、守りの姿勢に徹し、自分の核となるものを確認する年」と記しましたが、この一年、皆様は自分の核となるものを確認できましたでしょうか。

さて、来年の干支は庚子(かのえ・ね)にあたります。

庚子はどのような年なのか、気になるところですね。

スマイルニュース12月号では、すっかり恒例となりました来年の年占い。

今号では庚子年について調べましたので、

早速、ご紹介させていただきます。

まずおさらいをしましょう。

「干支」とは十二支(じゅうにし)を指しますが、本来は「十干(じっかん)」つまり甲(こう)乙(おつ)丙(へい)丁(てい)戊(ぼ)巳(き)庚(こう)辛(しん)壬(じん)癸(き) に「十二支」(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)を順番に割り振っていった「十干十二支」のことを言います。

甲子(きのえね)に始まり、癸亥(みずのとい)で終わる60通りの組み合わせがあることから六十干支(ろくじっかんし)ともいい、古くから暦や時刻、方位等の表記に用いられてきたものなんですね。

さぁ、本題に入ります。

十干の7番目に当たる「庚」は、臼と杵で穀物をついている形からきているようです。

臼と杵で、もち米から餅ができるように、それまでの形から違うものへと変わっていきます。

そこから『更(かわる)』という字に通じ、植物に例えると種から芽が出ていくように、成長が止まって新たな形に変化しようとする状態を指します。

「子」は十二支の始まりです。

本来は増加するという意味があり、これから新しい生命が芽生え始める状態を指す言葉です。

よって全ての始まりと、未来への可能性を秘めています。

また子年を象徴するネズミは、たくさん子供を生むことから子孫繁栄の象徴でもあります。

以上から庚子(かのえ・ね)に当たる2020年は「変化への動きがあり、新しいものを作り出していく年」と言えそうです。

 

今年一年「スマイルニュース」におつきあいくださり、ありがとうございました。

来年は東京オリンピックという大きな動きがあります。

前回の東京オリンピックで首都高や新幹線が新しく出来たように、来年また新しいものが生み出されることを期待して、今年のブログの筆を置きたいと思います。

来年が皆様にとってすばらしい年でありますように。感謝

 

木造の復権

今年もあと二ヶ月足らず、忘年会などの案内がちらほら見受けられるこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今月から弊社は第51期が始まっており、今期の計画の1つに「耐火木造施設の取組」というものがあります。

数年前から建設・不動産業界で注目されている「大規模建築の木造化」(つまりビルやマンション、公共施設を木造でつくる)という大きな流れがあり、是非弊社でもチャレンジしたい分野だからです。

そこで今号では関連テーマとして過去に記しました記事も参照しながら、今後の木造化の流れを俯瞰してみたいと思います。

2年前の6月号で「木造の可能性」と題して、高層ビルやマンションなど大規模木造建築で先行する欧米の事例を紹介し、厳しい防火規制という課題により、周回遅れであった日本の現状と、まだ数は少ないが規制をクリアし、大規模木造に挑み始めた日本のパイオニア達の実例を紹介しました。

去年の6月号では「木造ビル時代の到来?」と題して「木造の可能性」から一年が経ち、耐火や構造に関する技術革新の進歩やコストの低減、人との親和性の高さなどから、木造建築の用途や規模が更に広がり、木造化の流れが加速してきていることをご紹介しました。

そして現在に至っては、木造による中高層・大規模建築の流れは既に確たるものとなり、最初は郊外であったものが都市部を中心に、建設の動きは活発化し始めています。

課題であった耐火に関しても、現状の法規制をクリアする汎用性をもった仕様が示され、構造に於いても欧米生まれのCLT (クロス  ラミネーティッド  ティンバー)と呼ばれる木質パネルの普及と設計マニュアルの公開により、『やろうという思い』があれば我々中小工務店でも手掛けられるところまできています。

建物の木造化はCO 2の削減にもつながります。

よって激甚化する最近の自然災害対策としても有効であり、更には都市部における建物の木造化は、街に潤いをもたらしてくれるでしょう。

鉄とコンクリートで作られてきた殺風景な都市に木が加わり、屋上緑化や壁面緑化を施せば緑も添えられていく。

人工的であった都市の自然への回帰とでも言うのでしょうか。

想像するだに愉快な風景ですよね。

木造化の流れはもはや時代の潮流となっています。

最後に、冒頭で記しましたように弊社、新たな事業年度(51期)が始まっております。

変化の激しい時代ですが、工務店の責任と使命を一層自覚して、ものづくりに励んで参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スマート○△□に注目!

朝晩は暑さも和らぎ、虫の音が秋の深まりを感じさせるこの頃ですが、皆様お元気のこととお察しいたします。

令和の時代となり、はや5か月目となります。

スマイルニュース前々号(7月号)の本欄で「令和の時代に求められる住まい」と題して、『IT 革命を時代背景に家の中のあらゆるものがインターネットにつながり(IOT )、これまでにない機能を備えた、利便性の高い、新しい住宅が登場してくる。』と記しましたが、その具体的な実例が「スマート」という言葉を冠して登場してきているので、今号ではそのいくつかをご紹介したいと思いす。

既にスマートを冠する言葉としてはスマートフォン、スマートハウスなどが広く普及しています。

スマートフォン(スマホ)はもはや我々の生活の必需品であり、これからのスマート時代を実現していく生活環境の足場(プラットホーム)といっていいでしょう。

片や、スマートハウスは言葉が先行し、具体的な生活をイメージさせてくれるところまではまだいっていませんね。

そこで生活をイメージさせてくれるものとして、最近普及し始めているものにスマートロック(スマートキー)があります。

これはスマホなどの機器を用いて解錠や施錠が出来、利便性が高くセキュリティも安心できるというものです。

鍵が不要なので手ぶらで開閉でき、開閉可能な時間や回数を設定出来るので、不在時の第三者の出入りもOK 、取り付けも簡単に出来るので、戸建てや賃貸マンションなどに使われ始めています。

次に紹介するのはスマートスピーカー(AI スピーカー)。

これは皆さんもご存知かと思います。声で呼び掛ければ内蔵マイクで認識し、調べものをしてくれたり、家の中の照明器具やエアコン、湯沸し器などの操作をしてくれます。

スマートスピーカーが近くにあれば身体を動かすことなく、話しかけるだけで用が済んでしまう。一度試してみたいですね。

最後にご紹介するのはスマートアイならぬブライトアイ(Bright eye )と名付けられた、どこにいてもスマホで家の中の様子を確認できるネットワークカメラ付きライトです。

自宅はもちろん外出先や仕事中、旅先でも室内の様子を確認できます。

留守番中の子供やペットの様子、また離れて暮らす親の様子なども見守ることが出来、更には双方向通話機能もあるので、互いに顔を見ながら話しも出来るという優れもの。

取り付けも電球をはずして付け替えればいいだけなので、とても簡単です。

ここにあげた上記三点、いずれもユーザー目線にたって開発されたもので、「手軽に使えて役に立つ」というスマートな代物です。

これからもスマートキッチン、スマートユニットバス、スマートミラーなどなど、生活を便利で愉しくしてくれるものが登場してくれることを期待しています。

 

令和の時代に求められる住まい  後編

暑い毎日が続いています。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

体調にはくれぐれもご注意下さい。

さて、前号では敗戦から平成に至るまでの住宅の変遷を記しました。

今号ではいよいよ本題に入ります。

―高齢者住宅の多様化―

令和の時代に入った現在、シニア向けマンション、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、自宅と老健施設の中間的な賃貸住宅など多様なタイプが登場してきており、高齢期の住宅の選択肢は増えてきています。

住み替えや建て替え、リノベーション(大規模改修)の為の資金調達手段も、自宅を担保に銀行から融資を受けるリバースモーゲージや自宅を売却後、賃料を払いながら住み続けられるリースバックなどもあり、60歳以上でも住宅ローンを組むことが可能となっています。

―住宅と時代背景―

さて、上記推移を経ての令和の時代の住宅を考える上で、考慮すべき三つの時代背景があります。

①第四次産業革命といえるIT革命、

②地球温暖化による環境問題

③小子化による働き手不足と人生100年時代 と云われる老後の長期化です。

このうち①と②は主にハード(ハコ)としての住宅に関わってくるもので①はキッチンやお風呂、建材をはじめエアコン、冷蔵庫、ベッドなど家電製品や家具、車などを含めた家の中のあらゆるものがインターネットにつながるIOT 技術の導入やICT (情報通信技術)により、家で仕事は勿論、介護や医療も行われるような、これまでにない機能を備えた、利便性の高い、新しい住宅が登場してきます。

②に於いては「省エネ」というキーワードが欠かせません。

そしてそれは車の燃費競争と同じように断熱・気密、創エネ・蓄エネなどの技術革新により、究極のエコカーならぬ、僅かなエネルギーで夏涼しく冬温かい究極のエコハウスをつくり出してくれるでしょう。

最後に③はソフト(価値、暮らし)としての住宅に関わってくることです。

テレワークスの普及により家は生活の拠点から仕事を含めた拠点ともなり、家での滞在時間が一層長くなることから、外観のデザインにしろインテリアにしろ、「ここち良さ」や「自分らしさ」が感じられ、使用する建材なども『見て、触れて、匂って』人との親和性の高いものが求められていくでしょう。

―健康と家の関係―

長い老後を充実したものとするためには健康が欠かせません。

そしてその健康は人が長く滞在する家によって大きく影響されます。

近年の研究で寒い家と高血圧の関係や、家の中の温度差が脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすヒートショックの原因になっている、ということが知見として分かってきています。

今後、健康と家との関係を解き明かす研究が更に進み、人の身心の健康と室内空気汚染や温熱環境、電磁波の影響、光や色彩の影響等との関係を解き明かしてくれるはずです。

以上より、「住む人の身心の健康に良い影響を与え、快適で便利な省エネ住宅」が令和の時代に求められる高齢者の住宅といえるでしょう。

令和の時代に求められる住まい   前編

梅雨が始まる前に夏が来たような陽気になっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日の弊社「設立50周年感謝の集い」には大勢の方々にお越しいただき、盛会とすることが出来ましたのは嬉しい限りです。

ご参加戴けました皆様には誌面をお借りして厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

さて、日本が世界でも例のないスピードで超高齢化社会となっていることは御存じの通りであり、平成から令和に変わったからといって少子高齢化の勢いは変わらず、スピードは増すばかりです。

現在での日本人女性の平均寿命は87歳、男性は81歳ですが、いずれ女性は90歳を越えると予測されています。

「人生100年時代」が現実味を帯びてきています。

そこで今回は令和の時代に求められる高齢者の住まいについて今号と来号で考えてみたいと思います。

―戦後の住宅の変遷―

敗戦により焼土と化した国土を復興するため、戦後はバラック住宅の供給から始まりました。

そして住宅は「供給するもの」から「販売するもの」という概念のもと、ハウスメーカーが現れ、工業化住宅(プレファブ住宅)の販売を始めたのが昭和30年頃のことです。

当時は「もはや戦後ではない」と云われ、奇跡の復興に向け日本中が邁進し、不足していた住宅の供給が国策として進められていました。

質より量が求められ、住宅不足を解消すべく、日本中の都市に住宅が供給されていったのが昭和の時代といえます。

しかしその小ささ故に欧米人からラビットハッチ(ウサギ小屋)と揶揄された住宅は、冬が寒い無断熱・地震に弱い低耐震住宅で段差があちこちにあるバリアー住宅でもありました。

往時は基礎に鉄筋が入っているなど珍しく、ブロックを基礎代わりにしているものも見受けられ、コンプライアンス(法令遵守)などという言葉がまだなかった時代です。

そして平成の時代に入り、阪神淡路大震災や姉歯問題、環境意識の高まりなどにより、日本の住宅は耐震性や省エネ性など性能面では大きく向上しました。人の長寿化に合わせるように住宅の長命化も進み、キチンとしたメンテナンスを行えば半世紀以上使用することが可能になってきています。スクラップ&ビルトからストック市場の形成、流通の環境整備が行われてきたのが平成の時代といえるでしょう。

そろそろ紙面が尽きてきたようです。

この続きは次号にて。

 

 

レジリエンス住宅の普及へ

朝晩は秋の気配が感じられますが日中はまだまだ残暑厳しいこの頃です。皆様お元気のことと拝察いたします。

―自然災害大国日本―

まだ9月ですが、3ヶ月を残して今年起きた自然災害をざっと振り返ってみるに、草津白根山の噴火から始まり、北陸の豪雪、島根県西部地震、大阪北部地震、西日本豪雨、観測史上初めての逆走台風、災害といえる夏の猛暑、次々とやってくる台風の襲来、そしてつい先日の北海道地震と枚挙にいとまがありません。

―高まる災害リスク―

記録を塗り替える大雨や河川の氾濫、土砂崩れ、台風が逆走するなど今まであり得なかったことが現実のものとなっています。

地球規模の気候変動による異常気象の影響なのかこれ迄の知見が通用しなくなっており、日本中で自然災害のリスクが高まっているように思われます。

何十年も大きな災害を経験していない東京圏に住む我々にとってももはや他人事ではなく可能な限りの備えをしておくということが肝要になってきています。

―レジリエンス住宅の再考―

ちょうど2年前の本欄で「レジリエンス住宅」とその「チェックリスト」というものを御紹介しました。レジリエンスとは抵抗力、復元力という意味であり、チェックリストにより住宅や敷地が自然災害に対して備えるべきレジリエンスを数値化して相対評価し、住まいの災害リスクに対してどのような備えが必要か住まい手に理解してもらう為のものです。

―チェックリストの活用―

2年が経過しチェックリストは1部改定されていますが、平常時、災害発生時、災害後の三段階毎に簡単な質問文で構成された42の設問からなっており、ネット上から自由にダウンロードできます。(CASBEE ―レジリエンス住宅チェックリストで検索)20分もあれば出来てしまうものですので大切な御自宅を自然災害から守る為の意識付けとして再度試され、御自宅のレジリエンス度を把握して備えをして頂ければと思います。

 

 

 

認知症と家の関係 その2

こんにちは。8月もいよいよ終わりですが、まだまだ暑い日が続いています。今年は例年にない暑い夏でしたが皆さん、お体は大丈夫でしょうか?

前回に続いて今回は認知症と家との関係をお話します。

認知症はご存じのように生活習慣病の一種であり飲酒、喫煙、運動不足、ストレスなど様々な要因が言われていますが意外に見落とされているのが家なんです。

家は、中はもちろん外も含めた諸々の要素が長い年月を通して住む人の身心に様々な影響を与えます。

例えば家の中の温度や湿度、日照や通風、壁などの材質や色、天井高、間取り等、外は音や臭い、隣家との間隔、もろに向き合う窓、外観のデザインの優劣などが上げられます。

家にいる時間が一番長い高齢者ほど影響を受け、それらが本人にとって否定的に受け止められているのであれば、ストレスとして蓄積されてしまうので、肯定的に受け止められるものでなければいけない。

つまり家は我が家らしさ、自分らしさが感じられる家、それが住む人の脳にも健康にもよい家となります。

自分らしい、自分の好みにあった住まいに住んでこそ、自分の脳がリラックスし充実感や感性が養われるのではないでしょうか。

だからこそ好みのインテリアや庭づくりに精を出す意義があります。

住まいでゆっくり過ごす ※イメージです

認知症と家の関係 その1

今年は梅雨が足早に去り、長くて暑い夏になりそうですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

夏バテや熱中症には十分にお気をつけください。

さて、日本もすでに高齢化社会となり「人生100年時代」などとも言われています。

人類史上経験したことのない長寿社会を我々は生きていく訳ですが、だからでしょうか高齢者の健康志向や長い人生を元気で暮らしていくことへの関心が否応なく高まっています。

併せて介護費や医療費が増えることへの不安も大きなものになっています。

 

怖い認知症

このようななか高齢者が癌以上に心配しているのが認知症と言われています。

「親が認知症になる前にしっておきたいお金の話」(横手彰太氏)によると78歳の男性がおよそ10年間認知症を発症していた場合にかかる介護・生活費用は約3600万円に達するという。

自宅期間中(5年間)の負担額が1160万円、施設介護期間中の負担額が2500万円との試算です。

ちなみに認知症の平均発症期間は15年位と言われており、高齢化社会の厳しい一面が垣間見えるようです。

次回から家との関係を見ていきましょう。

 

2018新年度を迎えて

今年は春の訪れが早く桜の開花も早足で過ぎ去り温かくなってきていますが、まだ4月というのに初夏のように暑く感じられる日もあります。

爽やかな春が年々短くなっていくようで気になるところですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。4月は入社シーズンですね

弊社にも3人の新卒の乙女が加わりフレッシュな風が吹いています。

いずれ皆様にもお会いするかと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

さて、住宅・不動産業界では18年度の4月から「タワーマンションの固定資産税の改正」、「安心R 住宅制度」、「インスペクション(建物状況調査)制度」が始まっています。

このうち安心R 住宅とインスペクションは今年のスマイルニュース1月号でも記しましたように、中古住宅の流通を増やすための政府肝いりの施策であり、社会問題となっている「増え続ける空き家」対策でもあります。

なぜ空き家が増え続けているのか。

根本要因は少子高齢化であり地方の過疎化、働き手不足なども同じ根っこです。

日本は既に世界にも例のない少子高齢化時代に入っており、この先経験したことのない人口減少が続いていきます。

これまでの社会を根本的に考え直さなければならなくなってきていると思います。

「住宅すごろく」という言葉をご存じでしょうか。

振り出しは都会のアパート暮らし、次に結婚して賃貸マンションを経て分譲マンション購入。そしてマンションを転売して郊外に庭付き一戸建て住宅を手にしたところで上がり。

というのが住宅に於けるかつての一般的な消費者動向であり30代40代の一次取得者層が中心でしたが、最近では80代の親を持つ50代後半から60代の二次取得者層の動きが多くなっておりかつての消費者動向が様変わりしています。

「人生100年時代」を見据え自分の長い老後の暮らしをどのように思い描いていくのか決めていかなければいけません。

家づくりを担う我々もお客さまの多岐にわたるご相談に的確にお答えできるように建築だけではなく不動産や金融、税務にわたるチームづくりが求められています。