近未来の住まい

6月初めは梅雨の前に夏が来たような陽気が続いておりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日開催しました「未来の住まいコンテスト」では、様々なご提案を戴き、ありがとうございました。

今までにはない、何か新しいものを考えるときには、経験や知識、想像力が問われますが、私のようにこの道一筋40年以上ともなりますと、既成概念や先入観が邪魔をするもの。自由奔放な案を拝見し「こう云うのもありか!」と頭が少し柔らかくなった様な気がします。(笑)

そこで今回のブログでは「未来の住まい」を予測させる最新の状況についてお話ししたいと思います。

 弊社の中野区大和町のモデルハウスもそうですが、地球温暖化防止の為、CO2削減を目的としたZEH(ゼッチ)と呼ばれる、性能の高い省エネ住宅が普及してきています。屋根に太陽光発電パネルを設置し、家の電気の使用状況を可視化したシステム(HEMS)を搭載したもので、スマートハウスとも呼ばれていますが、スマートハウスの発祥地は日本ではなく、実はアメリカなんです。あらゆるもので先進的な国だけあり、住宅に於いても日本より先行し、ZEH仕様の他に電気使用量の管理、ホームオートメーション、スマートロックやスマートスピーカ、センサーによるセキュリティなどの導入がハイピッチで進んでおり、2024年にはアメリカの家の約半数がスマートハウス化すると云われています。日本も後続ながら最近はコロナ禍やSDGsの影響もあり、スマートロックやスマートスピーカ等の導入も徐々に進み、2026年にはスマートハウスの普及率は40%ほどになると予測されています。

アメリカと違い、日本の場合は今後も少子高齢化の進展という課題を抱えています。家庭に於いても炊事、洗濯、片付け、掃除といった家事にかける時間を削減する為のホームオートメーションの設置が求められるでしょうし、増々増加する単身世帯には、スマートハウスによる見守り機能も必要となるでしょう。

おぼろげながら見え始めた近未来の住宅の姿ですが、共通して言えるのは、使用エネルギーの管理やホームオートメーション、セキュリティ、見守り機能などのスマート機能を持ち、そしてそれらを統合管理出来る「家全体のコントロールシステム」を備えた家ではないでしょうか。

近未来の家での暮らしはすぐそこまで来ています。

 DX推進元年

「薫風爽やかに、木々の若葉が青空に映える季節です。」と時候のご挨拶で始まりたいところですが、

わが国は依然としてコロナ禍という暗い雲に覆われたままです。
世界を見れば、切り札となるワクチン接種が既に国民の50%程となり、地域によっては日常を取り戻している国も有るようですが、わが国の接種率は5月初旬時点で1〜2%と医療関係者にも、まだいき渡っていない状態とか、ようやく接種通知がきても日時の予約を取るのに電話もネットもパンクして繋がらないとか………😓。
今回の災禍は頻繁に経験する地震や台風等の自然災害ではなく、ウィルスによる未曾有の特殊災害とはいえ、もう少し速やかに、手際よく出来ないものでしょうか。非常事態時の対応で、その国の普段からの危機管理意識のレベルが分かるといいますが、オリンピックがほんとに出来るのか、少し不安になってきました。

 さて、弊社の緊急事態宣言下でのお客様への対処方針については、紙面の関係で内容は割愛しますが、既にご案内している通りであり、変更はございません。
何かとご不便をお掛けしますが、引き続きご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 今回のコロナ禍も既に1年半近くになり、経済も社会も世の中が様変わりしてきていますが、建設・住宅・不動産業界でも同様、大手や先進的な企業を中心にVRでのモデルハウスや設計及び施工のリモートワークの実施、現場でのドローンやロボットの活用、営業やメンテナンスのAI活用などなど、予想された以上のスピードでIT化・デジタル化が進展し、業務の革新が行われています。我々中小企業も例外ではなく、同様に変革を迫られています。弊社もお客様により一層良い建物やサービスを提供出来る企業となる為に、今期52期を「DX元年」と位置づけ、ホームページ上でのVRモデルハウスのオープンやユーチューブ等のSNSでの情報発信、社内では工事、経理、総務などの各部門に於いて、IT化・デジタル化を進め、業務の改善に繋げていきたいと思っています。
52期も先月末で前半を終え、今月から後半に入っていますが、新卒2名と中途採用1名が新しい仲間として加わり、社内にも新しい風が吹き始めています。

また、来年の新卒採用では、初めてオンラインによる会社説明会等も行っております。内定者が決まりましたら、また本欄でもご報告させて頂きます。

 最後になりましたが、「未来の住まいコンテスト」へのご応募、ご参加、ありがとうございました。

ユニークなものや頷けるもの、個性的なものなど、楽しく拝見させて頂いた上での社内審査の結果、

優秀賞はじめ各賞も決まり、皆様にお届けしております。 どうぞ、お楽しみください。

換気の仕組みの再確認 その2

東京都は3回目の緊急事態宣言が発令されてしまいました。この時期昨年同様ですね。コロナ渦も長期化してくると少々疲れ気味ではないでしょうか。大型連休の前ですがわくわく感がありませんね。

気を取り直して前回の続きの住まいの換気について考えてみましょう。

24時間換気システムがない家の場合では一番簡便な方法は、トイレや浴室の換気扇を常時運転し居間やお部屋の外壁に直径10cm程度の給気口を設け、”空気の通り道”をつくることによって換気を確保することです。換気は空気の入口と出口を確保し、空気の通り道をつくることが大切で一方だけだと換気は出来ません。

また、気を付けて頂きたいのは、一般的なエアコンには換気機能はないということ。エアコンを運転すると空気が動くので換気されている様に感じますが(私もそうでした。(笑))、空気を循環させているだけです。最新のものには換気機能も付いているようですが、コロナ以前のものにはまず付いていないとみてください。

最近の住宅は高気密、高断熱化が進んでいますが、適切に機能させるには正しい利用とメンテナンスが欠かせず、それが効果的な感染対策にもなります。空気は目に見えませんから定期的に各種設備の点検・メンテナンスを行い、安心・快適な室内空気環境とする意識付けが必要です。

換気の仕組みの再確認

コロナ禍も1年以上となりコロナ疲れの感がありますが、感染予防には換気が大切だと云うことは、十分ご承知の通りです。

今回と次回2回に分けて換気の仕組みについて考えてみたいと思います。

この時期は花粉飛散とも重なり、また、中国大陸からは招かねざる客である黄砂やPM2.5などもやって来たりするので、うかつに窓も開けていられません。そこで本稿では窓を開けずに効率よく換気をするにはどうしたら良いか、考えてみましょう。

「換気」を辞書で引くと「建物などの内部の汚れた空気を排出して、外の新鮮な空気と入れ換えること」とあります。コップの水がかき混ぜないと腐ってくるように、閉じられた空間の空気も、何もしないと汚くなってくるものと思ってください。20年ほど前に新築の戸建てやマンションで入居者が体調を崩したり、アレルギー反応をおこすというシックハウス症候群が社会問題となりました。

当時使われていた建材に多くの化学物質が含まれ、片やアルミサッシなどの採用により住宅の気密性が高まっていたことによる室内空気の汚染が原因でした。それを受けて2003年7月にシックハウス規制法が施行され、室内空気の半分を新鮮な空気に入れ換える24時間換気システムの常時運転が、住宅に於いて義務化されてからは換気が確保されている筈です。筈と申し上げたのは電気代の節約のためにスイッチを切っていたり、給気口が閉じていたり或いはフィルターがほこりで目詰まりしていたりなどで、換気が出来ていないケースが多いから。換気扇の電気代は最近のものなら月数十円、古いものでも月数百円ですから、体調を崩すのと比べたら安いものです。フィルターのメンテナンス(洗浄や取替)も3ヶ月に一度位はやっておきましょう。24時間換気がトイレや浴室の換気扇と兼用になっているものも多いので、ご自宅の換気システムがどのようになっているか、今一度ご確認してください。

住まいの価値の見直し

1年以上に及ぶコロナ禍による社会や暮らしの様々な変化は、モノ的なことだけでは留まっていません。もっと、根本的な住まいの価値の見直しを迫っているとも言えます。テレワークにより、家族が家にいる時間が増え、家族仲が良くなったとか悪くなったとか、悲喜こもごものドラマが生まれ、結果、皆が家や家族の意味や価値を改めて問い直すようになってきています。

「住宅すごろく」という言葉がありました。振り出しは都会のアパート暮らし、次に、結婚して賃貸マンションを経て分譲マンション購入。そして、マンションを転売して郊外に庭付き一戸建て住宅を手にしたところで、上がり。と、いうのが昭和の時代に於ける住宅の一般的な消費者動向であり、30代40代の一次取得者層が中心でした。

平成の時代に入ると80代の親を持つ、50代後半から60代の二次取得者層の動きが多くなり、一戸建てを手にした後も建替えたり転居したりとすごろくは続き、上がり(最後)は介護施設に入所、というように消費者動向は変わってきてはいるが、住まいの価値としては駅から何分・土地は何坪・何LDKと資産としての価値ばかりに目がいっているように思います。このような流れの中でのコロナ禍であり、住まいの価値観がどのように見直されていくのか、大いに関心を持っているところです。

私が見直されて欲しいと思うのは、資産価値より、満足出来る家に長く住むことによって得られる情緒的価値です。何十年と長く住むことによって積み重ねられていく家族の思い出は、時間の経過と共にかけがえのないものになっていきます。

資産価値も勿論、高いに越したことはないが、それは家を売却する時しか生まれず、多くの人は相続の時まで家を売りません。

高齢化により、誰もが長生き出来る時代になり、家にいる時間も更に増えていくでしょう。長い老後を思い出の詰まった住まいで穏やかに過ごすことは、経済的合理性以上の価値があります。

丑(うし)年ってどんな年?

子年(ねどし)が変じて、”コロナ年”となった今年も残りわずかとなりました。

皆様お元気でお過ごしのことと拝察いたします。

昨年末の本欄では、今年の干支の庚子(かのえ・ね)年について「変化への動きがあり、新しいものを作り出していく年」と記しましたが、まさしくコロナ禍を契機とした大変化が、新常態をつくり出したこの一年であったと思います。

来年は辛丑(かのと・うし)、辛丑とはどのような年なのか調べて参りましたので、早速、ご紹介させていただきます。

まずはおさらいをしましょう。

「干支」とは十二支(じゅうにし)を指しますが、本来は「十干(じっかん)」つまり甲(こう)乙(おつ)丙(へい)丁(てい)戊(ぼ)巳(き)庚(こう)辛(しん)壬(じん)癸(き) に「十二支」(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)を順番に割り振っていった「十干十二支」(じっかんじゅうにし)のことを言います。

甲子(きのえね)に始まり、癸亥(みずのとい)で終わる60通りの組み合わせがあることから、六十干支(ろくじっかんし)ともいい、古くから暦や時刻、方位等の表記に用いられてきたものなんですね。

ここからが本題です。

十干の8番目に当たる「辛」(かのと)は、植物で云うと「草木が枯れ、新しくなろうとしている状態」を表し、下にあるエネルギーが上に上がってくるような新たな状態、また字としては新しいと同時に”からい”という意味などもあり、陰陽では陰に分類されています。

「丑」(うし)は十二支の2番目で、植物に例えると種から芽が出ようとする状態を表し、曲がっていたものが伸びるとか、始める、結ぶ、つかむと言った意味があるようです。

丑の語源は、赤ちゃんは出生時に手をにぎりしめている事からとされ、誕生・創造などもイメージ出来ますね。

また、丑年は五行では水気、陰陽では陰に分類されています。

ちなみに、「五行」とは、古代中国の自然哲学の思想で、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説であり、「陰陽」とは、これも中国の思想で森羅万象、宇宙の全ての事物を様々な観点から「陰」と「陽」に分類する考え方です。

それでは来年の「辛丑」年の運気や兆候についてまとめていきましょう。

「辛」は新しくなること、エネルギーの現出であり、「丑」は芽吹き、伸長を表し、共に似たような意味を持っています。

よって来年は簡潔に「誕生し新たな試みをする年」と言えそうです。

過去の丑年を振り返ると、人類初の宇宙飛行や、日本では自民党から民主党への政権交代、ハイブリッド車のデビュー、コンビニ1号店出店など革新的な出来事もありました。

2020年は新型コロナウイルス・パンデミックによって世界中が多くの困難に見舞われました。

2021年はコロナを克服し、その中から数々のイノベーションが生まれ、希望に満ちた年になるとよいですね。

東京オリンピックの来年開催を信じて疑わない私としては、開催を契機に東京が更に住みやすい魅力的な街になることを期待しています。

来年が皆様にとってすばらしい年でありますように。

感謝

 

進むデジタル化/コンテスト開催します!

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

11月も後半となり、コロナ禍も日常化した感がありますが、個人的に気になっていることがあります。

昨今の身の回りに溢れるカタカナ英語の多さです。

どうにかならないものでしょうか。

日本人のカタカナ英語好きは、コロナ禍やデジタル化によって増長する一方のようです。

最近は単語だけではなく「go to ○△」と文章にもなってきた。(笑) 

知識人と言われる人ほどカタカナ英語を使うのが好きな人種のようですが、日頃、日本語を大切に使いたい私としては、減るどころか増える一方のカタカナ英語表記の多さに、内心戸惑いを感じています。

日本語には、例えば「後生を願う」とか「冥利に尽きる」など、美しい言葉がたくさんあります。

一見、古臭い言葉でいまどき通用しないように思いがちですが、日本の伝統の中で語り継がれてきた言葉には大きな力が秘められています。

カタカナ英語は調べないと分からないし、何か分かったような気になってしまうところが怖い。

私に賛同していただける御仁がいらっしゃればこころ強い限りです。

共に「日本語を守る会」を立ち上げましょう。(笑)

 

さて、コロナ禍の日常化やテレワーク、オンラインなどのデジタル技術の普及により、仕事のやり方や暮らし方が変わりつつあります。

またもカタカナ英語で恐縮ですが、最近、注目したい言葉に「DX」なるものがあり、かまびすしい程メディアの紙面を賑わせています。

デジタルトランスフォーメーションといい、ITやデジタル技術を導入して仕事の効率を高めるだけではなく、もっと深く会社のシステムや方針までも変革し、競争優位に立とうというものです。

日本の会社は欧米や新興国の海外勢に比べると、ここら辺がかなり遅れているらしいので、国もデジタル庁などを新設して応援体制に入ったようです。

 

会社も住まいもどのようなものに変わっていくのでしょうか、気になりますねー。

ですが、未来のことなので誰にも分かりませんよね。

そこで「分からない時はお客様に聞け」とばかりに「未来の住まいコンテスト」なるものを企画しました。

2月に「お客様感謝ディ」を開催以来、イベント等は自粛しておりましたが、コロナ禍でもお客様にご参加して頂けるようなことは出来ないかと考えたものです。

「コロナが収束したらこんな家に住みたい」「こんな住み方もあってもいいよね」等など、どのようなことでも結構ですので、近未来の暮らしや住宅に対する思いやイメージを聞かせて戴ければと思います。

小河原建設10大ニュース

10月に入りすっかり秋が深まってきております。

秋といえば実りの秋、読書の秋、芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋などと色々ありますが、弊社にとっては一年の締めである「決算の秋」でもあります。

そこで恒例の、敬彦が選ぶ「小河原建設十大ニュース」をお届け致します。😃

  1. 大和町モデルハウスオープン昨今、コロナ禍により家にいる時間が長くなり、家の価値が改めて見直されています。
  2. このモデルハウスに見学に来られた方が、その価値を感じて戴け、家づくりのお役に立てたら嬉しい限りです。
  3. 弊社の看板商品である空気のキレイな省エネ住宅(ZEH仕様)「いやしろの住まい+(プラス )」のモデルです。
  4. コロナ禍の中、オンライン業務の開始コロナ禍の中でも業務を続けていくため、弊社でもテレワークやオンライン相談会・会議など色いろやってみましたが、様々な面が見えてきているところです。好き嫌いなどと言ってられません。変化に対応していくのみです。
  5. それにしてもITやデジタル技術の進歩はすさまじいですね。
  6. 未だコロナ禍の収束の見通しは見えませんが、非対面や三密を避ける動きは社会構造を変えつつあります。
  7. 来年新卒の内定者は2名  少子化の影響か、とにかく学生さんがなかなか来てくれません。
  8. どこに行ってしまったのやら、、。コロナ禍による景気の悪化で「他社さんの求人数が減った分、うちに来てくれないかなー」などと考えてしまう次第です。
  9.  今年は売り手市場に更にコロナ問題が加わった、難しい採用活動の年でした。
  10. 住まいるクラブの活動停止まだ少なくとも半年、一年は続きそうな気配ですが、コロナ禍の中でも出来る活動はないのか、色いろ検討しておりますので、今しばらくお待ち下さいませ。
  11. 2月の「お客様感謝day」を最後に、コロナ禍により、以降の活動が止まってしまいました。
  12. 今期もニューフェース入社また、非常勤ではありますが、デジタルコンサルタントも加入しています。皆さん、自分の持ち場で活躍してくれています。
  13. 20代から60代のベテランと幅広い年齢層ですが、熱意は甲乙つけがたく皆々やる気満々です。
  14.  特建事業部の営業担当、住宅事業部の現場担当、リフォーム担当、広報担当及び経理担当として女性3名・男性3名が新たな仲間として加わってくれました。
  15. 現場きれいコンテスト殿堂入り何か有名野球選手になったような感じですが(笑)、首都圏では初めて、全国でも5社目とのことです。これからは益々見られる立場となるので、弛むことなく一層現場キレイに取り組んで参ります。
  16.  今年のスマイルニュース2月号でもご紹介しました、住宅産業塾主催の「魅せる現場コンテスト2020」で、総合最優秀賞を頂き、3年連続の最優秀賞授賞となるので「殿堂入り」を果たしました。
  17. 社用車のイメージアップどうぞ街なかで見掛けたら手を振ってあげてください。(笑)
  18. 会社の社用車の内、リフォーム関係の箱型軽自動車の車体デザインを一新しました。作業服にも使っている若葉色とその対比色であるワイン色で、控え目でいながら目立つデザインとしています。☺️
  19. デジタル推進室立上げコンサルタントにも加わって頂けましたので、業務だけではなく仕組みや組織まで含めた変革を行い、お客様により良いサービスを提供して参ります。
  20. ②のオンライン業務でも記しましたように、今こそデジタル技術を用いて、会社の業務や価値観を変革する時であると思います。
  21. ショールーム”ここから住まいる”の改修計画スタート来春の4月オープンに向け計画が動き出したのですが、コロナ禍により一旦中断。皆様にはオープンの日時が決まり次第、ご報告させて頂きます。
  22. コロナ禍の収束を見ながら計画を進めていく予定です。
  23. 皆様のご来社時に、まずご案内させて頂く1階ショールームがオープン以来8年目となり、かねてから改修を考えておりました。
  24. 社長、旅行に行く(他になかったものですから)日本の車椅子対応ベストテンに入るホテルと言うことで期待して行ったのですが、お天気は台風の接近で両日共に終始雨、ホテルも車椅子対応とは名ばかりで温泉には入れず、洗面にも事欠く有り様でした。(泣)が、「行けた」ということに満足しております。以上、弊社の10大ニュースをお届けしました。
  25. 車椅子生活も7年目に入りましたので、会社と自宅の往復だけではなく、行動半径を伸ばしていきたいと思います。
  26. 最後になり私ごとで恐縮ですが、怪我以来6年振りに一泊2日の箱根温泉旅行に行って参りました。

来月から始まる第52期も皆様方のお役に立てるよう、社員一同一層仕事に精を出して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

遮熱と断熱の違いって(後編)

9月に入っても残暑厳しい日々が続いております。

長きに亘った安倍政権も終焉を迎え、新政権がスタートしました。

新政権には、まず来年の東京オリンピック開催決定、という幸先の良いスタートを切って欲しいものです。

さて、今号のスマイルニュースでは遮熱について、家づくりの段階に応じて、具体的な事例を上げながらご紹介していきたいと思います。

まず、家の設計段階で考慮しておくべきものでは

  1. 南面した窓の上に庇を付ける窓や外壁の保護にもなりまた外観のデザインともなります。断熱材との絡みを十分に検討した上で設置すれば、家が熱くなるのを抑えてくれます。南面以外の窓にはガラスにフィルム等が張られた遮熱効果の高いサッシを取付ければ効果的です。(南面の窓では冬場の採暖が取れなくなるので注意です。)
  2. 次からは建物が完成後や既存住宅でも出来るものです。
  3. ③遮熱性の高いアルミサッシを選ぶ
  4. ②屋根や外壁の中に遮熱シートを設置
  5. 南向きでないと効果はありませんが、出寸法により日射を夏は遮断、冬は取り込むことが出来ます。
  6. 窓ガラスの内部か外部に遮熱材設置④窓に遮熱フィルム等を張る⑤屋根や外壁に遮熱塗料を塗る以上、主なものを5つ程上げました。前述のような遮熱を考えた住宅であれば、暑い夏を省エネで涼しく過ごすことが出来ますので、参考になさってください。
  7. 昨今建てられている新築住宅は高断熱化が進み、冬は小さなエアコンでも暖かく住めるようになってきていますが、夏の場合は高断熱であっても、遮熱のことを何も考えていないと家の中は暑くなり、冷房も省エネでは済まなくなります。
  8. 遮熱塗料は屋根や外壁の温度上昇を抑えるので、夏場は良いのですが冬場は暖かさを取込みにくくなりますが、猛暑の夏の遮熱のメリットの方が大きいですね。
  9. 朝日や西日が当たる窓に張ると効果的ですが、フィルムによっては部屋の中が暗くなったりします。また網入りガラスに張るとガラスが熱割れを起こすので注意が必要です。
  10. この場合の遮熱効果は、ガラス自体には遮熱効果がないので、何もしないと0%つまり効果なし、窓の内側に付けるカーテン等は40%位の削減、外部の簾や外付ブラインドで80%位の削減です。よって窓の遮熱は外部の方が大きな効果があります。

 

遮熱と断熱の違いって(前編)

「涼しかった梅雨も明け、暑い夏が到来しております。2020年オリンピックも一年後に迫りました。」これはちょうど1年前の本欄の書出しです。

まさか今年も使えるとは思いませんでしたが、今度こそ1年後には東京オリンピックが開催されていてほしいものです。

さて、夏本番となり厳しい暑さが続いています。

家であれ会社であれ、エアコンが欠かせない毎日です。

そこでスマイルニュース今号では、暑い夏を少しでも涼しく過ごせるように、家の遮熱と断熱について考えてみましょう。

まず、「遮熱とは日射つまり太陽の光を反射させ、熱の吸収を抑えることにより温度の上昇を防ぐこと」であり、「断熱とは熱を伝わりにくくすることです。」家の場合、断熱材がその役割を果たします。

遮熱にしても断熱にしても冷暖房の省エネ化につながるので、家を建てるにしても リフォームするにしても、これからは必須と言えるほど積極的に取組むべきテーマです。

では、ここで基本的なことをおさらいしましょう。

「そもそも夏が暑く、冬が寒いのはなぜなのか?」

それは夏と冬では太陽の位置が異なる為、夏の日射角は高く、冬の日射角は低くなります。それが太陽の日射の強弱、つまり我々が体感する温度差となっている訳です。ですからわかり易く言うと「夏を涼しく過ごす為には、如何に太陽の日射を遮熱するか」であり、「冬を暖かく過ごす為には、如何に太陽の日射を取込み、家の断熱性を高めるか」ということなんですね。

「そんなことは当たり前だ」と言われそうですが、それがなかなか住宅において出来ていなかったのです。

断熱性を高めることは、環境意識の高まりやエコハウスの普及またヒートショックの予防などにもつながることから、平成の時代に長足の進歩を遂げましたが、遮熱を考えて設計された家は未だに少ないと言わざるを得ません。

夏の暑さが昭和、平成、令和と時を経る毎に厳しくなっている昨今、我々家の作り手こそ、夏を涼しく過ごす為の「遮熱」に関して本格的に取組んでいかなければいけないと思っています。

そろそろ紙幅が尽きてきたようです。

次号「後編」では、遮熱について掘り下げていきますので、どうぞお楽しみにお待ちください。

住まい